無職男性を排除する方法

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ここでは、無職男性を一般社会から排除(もしくは、有職の一般人に復帰させる)方法を纏める。

主な対応[編集]

パソコンやスマホを絶対に与えない
これは無職がネットに夢中になり、ネット中毒になって社会復帰が困難になったり、最悪犯罪予告等悪質な書き込みをする恐れがあるため。
ネットやスマホを強制的に解約する。
これは無職が職探しをしない原因であるネットやスマホを解約するというもの。
地域若者サポートステーションや若者自立塾に入れさせる
これも重要。合法で支援が可能。それも拒否した場合は…。
に預ける
一部では、手の付けられない無職を寺に預けるという手法もある。
家を売り払う
無職男性が居住する家を売り払い解体することで、住環境を無くし、無理矢理就職活動に持ち込む荒療治。
引き出し屋にぶち込む
引き出し屋は無職を隔離し懲罰を与える(非合法)期間。多額の請求に注意しよう。
自衛隊に強制徴兵
現在の日本に徴兵制度は無いが、無職撲滅のために、無職人間を対象とした徴兵制度が必要になってくるかもしれない。

社会の対応[編集]

上記の他に、会社側・法整備でも対応が必要である。

ブラック企業禁止のための法整備
無職男性増殖に繋がるブラック企業を全面的に禁止するための法整備も必要である。
面接禁止法をつくる
採用面接をして落とした場合は企業側が慰謝料を払わなければならない。

参照動画[編集]

とある無職男性を排除するため家を売り払い、寺に預けたケース