ローカルセールス枠

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ローカルセールス枠(ローカルセールスわく)とは、日本の民放におけるテレビ番組ラジオ番組編成で、2局以上のネット番組(全国ネットやブロックネット基幹局のみネットなど)において、ネット局共通のスポンサーが全くつかず、かつネット番組が強制されていない枠を指す。

系列内を含めて他局へは番組販売としている(少なくとも冠スポンサー番組はこの項では出て来ない。但し、過去にはスポンサー名を外した番組名に改題の上番組販売を行った例もあった)。生放送以外では同時ネットになりにくく、遅れネットになりやすいのも特徴である。

対義語はネットワークセールス枠

概要[編集]

制作能力の高い地方局では本枠を積極的に活用し、自社制作番組(コーナー)を放送していることが多く、中でも広域放送は自社制作番組への差し替えに積極的で、広域圏内の県域独立放送局に振り替えてネットする場合が多いが、そうでない局では他局(同一系列の放送局を含む)や番組制作会社から番組を購入し、放送している(中には垂れ流しになっているものもある)。特に情報番組の本枠では基幹局でも自局エリア内に特化した内容を放送することも多く、垂れ流している局では放送内容が放送エリアの状況に合致しない事も多々あり、視聴者から不満が出る事もある。またこれらの局は自社制作より番販に頼っているため、購入に莫大な費用を要し、苦しい経営が強いられている放送局も少なくない。また、大手企業の少ない地方ほど購入した番組のスポンサー探しが困難で、非ネットとなるケースもある(1県あたりの民放局数が少ない県では、本枠を使用して他系列のネットワークセールス枠を同時または遅れネットしている放送局が多く、必然的に番組購入の枠が減少するため、比較的経営が安定する)。

夕方の全国ニュースでは、全国ネットのパートを自局の夕方ワイド番組に内包していることも多々あり、当枠と意識されないで扱われている(むしろ自社制作番組の全国ネット枠とみなされる)ことも多い。また、ゴールデンタイムを中心に、ローカルセールス枠で他地域と共通の別番組(準キー局制作番組、ブロックネット番組など)を放送している地域も多い。

遠くへ行きたい』や一部アニメ番組の様に、一部放送局へはスポンサードネット、それ以外の放送局へはローカルセールスとなっている番組もある(スポンサードネットであるかどうかはスポンサーの意向によることが多い)。

ローカルセールス番組が2時間スペシャルで放送される場合は、キー局から裏送りを受ける形でネットワークセールス枠のみで短縮版を放送する放送局もある(反対にネットワークセールス番組が2時間スペシャルで、且つローカルセールス枠に跨って放送される場合も同様。ただし特別番組に全編ネットワークスポンサーが付いている場合、ローカルセールス枠の時間に跨っていても特別番組を優先する)。

脚注[編集]

関連項目[編集]

ウィキペディア無し small.png
ウィキペディアにも「ローカルセールス枠」の項目が執筆されていましたが、削除されてしまいました