パンティストッキング

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
黒のパンティーストッキング
白のパンティーストッキング

パンティーストッキング和製英語:panty stocking)は、日本の企業であるアツギ株式会社が下着であるパンティーと靴下であるストッキングが一体化した衣類を同社社員が発案・企画し、製造に至った現代的な衣料・ボディスーツである。略称はパンスト。ストッキングのうち、内爪先から腰までを覆う一つで一足のものを言う。日本人が言うストッキングとは、大抵このパンティーストッキングを指す(一般的に、パンティーストッキングを「ストッキング」と呼ぶ場合でもパンティーストッキングと捉える)。

パンティーストッキングは前述の通り和製英語で、米国では Pantyhose、英国では Tights と表記する。繊維が太く織り方が厚手のものは、日本では特に区別してタイツと呼ばれ、足先部分のない形状のものは、スパッツと呼ばれている他、上半身まで伸びたデザインのものはボディストッキングと呼ばれている。

素材はナイロンポリウレタンの混合。ナイロンは透明性と染色性、ポリウレタンは伸縮性の機能を備えている。主な用途は、防寒性とファッション性。

伝線時のスペアを携える女性もいるが、多くはデパートや婦人服店をはじめコンビニ、銘柄や質感、色などを問わなければ駅の売店にも置いてある商品。最近は伝線しにくい物も多い。材質はポリウレタン・ナイロン糸が使用されているため、熱に弱い。洗濯して干すときは、匂いを防ぐために影干しが良いとされている。

産業の現状[編集]

パンティーストッキング
パンティーストッキング

1963年、アメリカで世界で初めてのパンティストッキングが開発され発売された。このパンティストッキングは全米の女性の間で大ブームとなったものの、日本では輸入品だったため希少かつ高価で庶民には広まらなかった。日本ではその後、厚木ナイロン工業(現アツギ)の創業者である堀禄助がアメリカから取り寄せたパンティストッキングを元に開発を進め、1968年に初の国産品の製造に着手する。それ以来、日本の女性の間でも大ブームとなり、透明性と着用感を商品開発の主流として来た。当時は伝線したものを修理する業者なども存在した程、高級品でかつ稀少なものであったが「女性とパンティストッキングは日増しに強くなった」と形容される程、量販態勢になり普及品となり、また技術の進化で伝線や劣化のし難い商品が開発される様になり、社会人女性(特にOLの会社のユニフォームなど)の四季を問わず公私共の靴下として、又、女子学生制服の冬季用の靴下として用いられている。パンティーストッキングは当初の着用法としてパンティーを穿かずに着用する事を想定されていたが、購買者の女性達の羞恥心からパンティーを着用してからその上にパンティーストッキングを重ねて着用する様になった。

パンティーストッキングは1990年代前半迄、女子中高生世代にとっての身近なファッションとして愛用されていたが、それ以降の生脚ブームの到来に因って社会人女性や一部の学校の制服、冠婚葬祭の場面位でしか着用する機会や関心が無い時代が続いた。2000年代初頭では若年層を中心とするパンティストッキング離れ(生足ブーム)や、通年履いても抵抗が無いハイソックスの着用、また同類種のファッション・アイテムのタイツレギンストレンカを愛用する女性が増えたり、素足を避ける為に一般の靴下代わりに履く、足首部分までしか丈が無い普通の靴を履いたら隠れる丈が短い靴下(室内で冬場に履くあんかの様な靴下でテニスプレーヤーの着用するタイプ)つまりインナーソックス(シューズイン・ソックス)の着用、また低価格な中国製品のパンストの流入などにより汎用商品の収益は低迷していた(「パンティーストッキング氷河期」と揶揄されていた)、そして対照的にストッキングと比べて防寒性が高く、伝線し難く、ファッション性が強いタイツに人気を奪われていた。このような厳しい市場環境から脱するため、各メーカーは既存カラーやスタイルからの脱皮を図り、

  • 黒・白・ベージュ・グレー・ブラウン以外の色の搭載
  • 流行の網タイツ調の格子柄が入ったりワンポイントの模様(特に踝やアキレス腱部分)が入ったもの
  • 股間が蒸れない様にガーターに倣ったスタイルの、所々の生地が抜いてあるもの
  • 膝下部分までの丈のハイソックス感覚のもの(ジーンズや長いパンツ着用時に蒸れない様に踝部分までしかない靴下タイプ)
  • 靴下の大成功に倣い、以前では考えられない5本指に分かれたもの。
  • また臀部と太もも部との境、または足の甲と爪先の境という切り替しの無い(色の濃淡がつかない)もの。
  • グレープフルーツなどの香りをつけたもの
  • 靴下の大成功に倣い、以前では考えられない5本指に分かれたもの。
  • つま先、パンティーハウスをメッシュ編みしたもの
  • クール・ビズウォーム・ビズに対応した温湿度調整機能が施されたもの
  • ミュールサンダル着用時に足底が滑って脱げるのを防ぐ目的として、足底部に滑り止めを編み込んだりプリントしたもの。

なども商品化している。その影響で近年は再び中高生から社会人女性のパンティーストッキングを穿く機会や関心が戻って来た。 一方で1960年代中期にパンストの技術が向上し、一気に女性の定番ファッションとして定着した当時の年代の女性を中心に、常にパンストを着用している(特に外出時に)という中・高年齢層の女性も少なくはない。

人気女優の抜擢やファッション雑誌とのコラボレーションなど、主にデザイン重視のラインナップ拡充による新たな販売チャネルの開拓にしのぎを削っている。女性タレントの神田うのは商品デザインからパッケージモデルまで手がけ、市場開拓に貢献した。

企業など生産者にとっては、多品種少量生産や新商品回転率アップへの対応を迫られ、生産効率化に拍車がかかっている。

同じブランド商品でもコンビニ等の激戦地域の店舗型では肌触りが異なることがある。

業界最大手のグンゼではかつて釈由美子イメージキャラクターとし、パンティーストッキング着用率の再上昇を目指していたが、大して目立った効果はなかった。

そんな中、舶来製品を愛用するタレントやOLが多くなった。舶来製品の特徴は交編サポートが多いことであり、厚さをデニールで分類される。一般にデニールとは9000m分の糸の重さをいい、9000m分で20gの場合、20デニールになる。日本での主流はゾッキサポートで交編よりきめ細かく編まれるのが特徴である。

主な日本国内メーカーと商品[編集]

パンティーストッキング
パンティーストッキング
  • グンゼ(GUNZE)  
    • サブリナ Sabrina
    • トゥシェ Tuche、Tuche Couture
    • アルル ARURU(セブンイレブン限定販売)
    • イフィ IFFI
    • ヴィファ VIFA, VIFA summer
    • スリムコントロール SLIM CONTROL
  • アツギ(ATSUGI)  
    • ミラキャラット MIRACARAT
    • レリッシュ Relish
    • クリニカル CLINICAL
    • スリムライン SLIM LINE
    • フルサポーティ FULLSUPPORTY
    • ウルトラスルー
  • フクスケ(FUKUSUKE) 
    • モテスト MOTESTO 蛯原友里押切もえのプロデュースによるパンスト
    • ココゾ KOKOZO MOTESTOと同様蛯原と押切のプロデュースによるパンスト
    • エフイング f・ing
    • ビズウォーク BIZWALK 全日本空輸客室乗務員の意見を採り入れた、蛯原とTBS王様のブランチ」とのプロデュースによるパンスト。つま先のハート柄が特徴。藤井リナが着用していたことで有名。
    • 満足
  • チャコット 
    • ヌードパーキー
    • femozione
  • ピップ (PIP-Fujimoto) 商品:
    • スリムウォーク SlimWark
  • ドクターショール (Dr.Scholl) 商品:
    • メディキュット MediQTTO
その他の商品名:
  • Garret
  • marie claire
  • 17゜C Celsius
  • Stay Fit
  • Cecilia de Rafael

編み方[編集]

ストッキングの編み方には交編とゾッキ編みがある。それぞれの長所、短所は以下の通りである。

交編[1]

ナイロン糸とポリウレタンのサポート糸を一段毎に交互にメリヤス編みで編む。

  • 長所
    • ナイロン糸は光を通しやすいため、透明感やつやが出やすい。
  • 短所
    • ナイロン糸とサポート糸の引っ張り合う力が違うため、横線が発生しやすい。
    • ノンラン加工ができない。
ゾッキ編み[1]

ポリウレタンのサポート糸のみをメリヤス編みで編む。

  • 長所
    • 網目が詰まっており、履き心地がなめらかである。
  • 短所
    • ポリウレタンのサポート糸は光を通しにくいため、透明感やつやが出にくい。

付加機能[編集]

様々な機能を付けたストッキングが製造されている。

消臭加工[2]

染色時、あるいは染色後、消臭効果がある薬品に漬ける。

UV加工[2]

紫外線吸収剤を繊維に加工する。

香り付き加工[2]

ストッキングを丸ごと香料につける製法と、繊維の間に香りのマイクロカプセルを接着する製法がある。

ノンラン加工[3]

糸の交点を高温で溶かして糸通しを接着する。伝線しにくくなる。

余談[編集]

パンティーストッキング
  • 防寒用のタイツならともかく、パンティーストッキングという括りでは、男が(ニューハーフや女装をたしなむ男性を除き)着用する事はまず考えられず、銀行強盗などの悪さを行う場合に自分の面が割れないようにパンティーストッキングを被るという事以外に考えづらいものである。
  • グラビアアイドル女優ファッションモデル岡本玲は以前のトーク番組『A-Studio』(TBS系列)で、「休みの日の過ごし方として友人を家に呼び、古くなったものや買ったばかりのものでもパンティーストッキングを用意し、共にかぶったりビリビリに破き遊んでいる」と言っていた。
  • 近年は女性が芸能界デビューするスタート(きっかけ)としてはバラエティーやお笑い系から入るか、J-POPのミュージシャンとしての場合が顕著であるが、80年代やそれ以前は圧倒的に歌手からのアイドルとしてのデビューが多く、そのステージ衣装としては基本は白いドレスにナチュラルカラー若しくは白のパンティーストッキング着用であった。そういうアイドル歌手離れとパンスト離れが奇しくもリンクしている様であると、ある評論家はコラムを述べている。
  • 衣類の衣替え同様に春頃からタイツからストッキングへ衣替えをする。
  • エアロビクス用やレースクィーン用のサポート力の強いパンティーストッキングもある。
  • 近年ではパンティーストッキングとの名称やパンストとの略称を嫌う若年層の女性も存在し、パンティーストッキングでもタイツと呼び、またメーカーも透けると言う意味のSheerを付けたSheerTights(シアータイツ)の名称で販売している。またタトゥー(刺青)柄の入ったパンティーストッキングをタトゥータイツ(Tatoo Tights)の名称で販売している。

パンスト画像[編集]

パンティーストッキング8.jpgパンティーストッキング9.jpgパンティーストッキング10.jpgパンティーストッキング11.jpgパンティーストッキング12.jpgパンティーストッキング13.jpgパンティーストッキング14.jpgパンティーストッキング15.jpgパンティーストッキング16.jpgパンティーストッキング17.jpgパンティーストッキング18.jpgパンティーストッキング19.jpgパンティーストッキング20.jpgパンティーストッキング21.jpgパンティーストッキング22.jpgパンティーストッキング23.jpgパンティーストッキング24.jpgパンティーストッキング25.jpg パンティーストッキング26.jpgパンティーストッキング27.jpg

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 『LDK Vol.3』91頁
  2. 2.0 2.1 2.2 『LDK Vol.3』94頁
  3. 『LDK Vol.3』84頁

外部リンク[編集]

靴下
ひざ上(ストッキング) : ボディストッキング - タイツ - パンティストッキング - ストッキング - サイハイソックス - オーバーザニー
ひざ下(ハイソックス) : ハイソックス - スリークォーターソックス - ブーツソックス - クルーソックス
足首(ソックス) : ソックス - アンクレット - スニーカーソックス
その他(レギンス等) : トレンカー - スパッツ - ルーズソックス - 紺ハイ - レッグウォーマー - ガーター
{{{group5}}} :
{{{group6}}} :
{{{group7}}} :
{{{group8}}} :
{{{group9}}} :
{{{group10}}} :